ヨガの準備運動について

ヨガの準備運動についてお話しです。
足を上から下まで拳で軽く叩いたり、足の内側を揉んだりしてみましょう。
痛いところは揉み解さなければならないところです。

触ってみてわかるのですが、意外と痛みを感じる部分は多くあります。
それほど、普段、揉み解されずに固まっている部分が多いということですね。
ヨガの準備運動としてだけでなく、気が付いた時に行えると良いですね。
このように自分で自分の体を揉み解すことは、血行を促しますから、とても良いことなのです。

また、股関節も大事ですから、ヨガを開始するまえに解しておきたい部分です。
股関節の柔軟をする体勢を取ります。
両膝を曲げ、足裏を合わせて、足を外側に開きます。

合石と呼ばれるのですが、この開きには、それぞれ差がありますから、他人と比べず、自分の痛いところでやめて置きましょう。
子供のころからこの股関節の柔軟運動は結構やらされました。
部活の先生には足の上に乗られて押された経験があります。
もちろん、そんな無理はしてはいけません。
ヨガを始める前に準備体操の段階で怪我をしてしまったら、何も出来なくなってしまいますから。
この股関節を柔らかくすることは女性ホルモンをより多く分泌させるために効果がある運動だと言われています。
女性ホルモンは、美貌に関するさまざまなことに、また健康のことにも影響していますから、美しくなるため、健康になるためには股関節を柔らかくすると良いですよね。

あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>錦糸町のホットヨガスタジオ